Masashi Sato TECH DRIVE さんはインスタンス mstdn.techdrive.top のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
Bb7567a9f13cad51

Masashi Sato TECH DRIVE @ms2sato

@basictomonokai ありがとうございまーす。参考にしますね。

私にとって顔の見えない相手とのオンラインだけの繋がりってあまり多くなくて、今回ここに出来上がった小規模な繋がりは結構大事にしたいものだったりしてます。

なので「全部解散!真っ白!」という未来はあんまり考えてないよ、というのは表明しときますね。

どっちにしてもマストドンベースでずっと継続するのは難しいと思っていたのでそろそろ良いタイミングでもあるとは思ってまする。

@alg0002 素敵な応援ありがとうございます!

@alg0002 ご意見ありがとうございます!結構同じような使われ方してるっぽいですね。

情報も助かりまーす。
ちょっとまだ方針ぜんっぜん決めていないのでアレコレ考えている最中ですのでブレブレでもご容赦をー。

@yutakat なるほどー。検証いただけると大変助かりまする〜😁

@yano3nora 待ってー。備忘欄間違ってる。間違ってるよ!ここはマストドンだよ!

@basictomonokai ありがとうございます!なるほど。他のインスタンスとアグリゲートしているから、同じ仕組みであって欲しいんですね。理解しました。

なんかモヤッとそれっぽいもの作るのも選択肢にはあったりして、その場合連合タイムラインなくても良いけど、トゥートがアプリから取れる仕組みは欲しいって事になりそうですね。

ちょっと色々と可能性を考えているところなので、もしお気付きの点あれば後でも良いのでくださーい。

@yutakat 過去トゥート気にしなくて良いならそれもありっすね(結果的にその方向になる可能性高そうだけれど)。

私としては今アクティブに活動してくれているメンバーは大事にしたいなと思っているので、何かしらオンラインで繋がっている形は維持できると良いなと思ってますー。

まぁ、いきなりやめるとか考えてはいませんが、その可能性も見つつ進んでいたいですね。

@basictomonokai 反応どうもー。BASICさんって、今このインスタンスでどんな活動されていますか?

このインスタンスにいる人の多くはLTLしか見ていないんじゃないかなーと思ってて、その辺りで反応変わりそうな感じかなと思ってます。

ホームとか連合タイムラインが大事な人がいるとその人は確かにこのインスタンス自体がマストドンである事が結構大事かもと思ったり。

@yutakat そうですね。DB構造が一致しているとは思えないので、結局移行とか考え始めると色々ありますねー。

やっぱりLTLオンリーですよね。私もです〜。

@yutakat あらーそうなんすね。何か互換サービス作ってる話はどっかで見たと思ったんですけど忘れとりました🤣 #老人

@yutakat こんなんあるんすねー。ちょっとLTLで聞いた方が良いかもしれませんが、実際みなさんが連合タイムラインを重視しているか確認してみたいなーと思ってます。

もしもLTLしか見てないような用途なら、もはやOpenSocialやMastdonは無関係なサービスでも良いんじゃないかなと。そしたら経費的にももう少し考える余地出ますしね。

私もプレモルは大好きです!😄

マストドンパイセン、バージョン上がってどんどんリソース食いになっているのを傍で見ていて感じている。

ここの用途ではもうマストドンではないんじゃないか感あり。

もっと普通のサービスで良いんじゃないかと。

Pythonパイセン、ご活躍の様子でゴイスー。

Masashi Sato TECH DRIVE ブーストされました

おおっ

ExcelにPython搭載、マイクロソフトが検討。アンケートを実施中
publickey1.jp/blog/17/excelpyt

ytmatsuge.hatenablog.com/entry

この話いいね!

あと、プログラミングの利点を手軽に学んでもらうのにExcelでVBAとか良いかもと思っていたけど(一般社会人向けにどういうものか知ってもらうような目的感で)、GASの方が良いかも。JSで書けるし環境もすぐに手に入るし。

ただ、今ってあの頃ほど激変していないのかも知れない。あの頃の主流知識のことを未だに「勉強しなくては」という感じに言われていたりする。

本当は「それを踏まえて」という形で進んでいて欲しい。

猛者に囲まれていたけど、当時最近の時代しか知らない私の方が一歩ゆくトコロもあって、そういう切り口では認めてくれていた環境があった。

実装コードの技巧では到底叶わないけれど、オブジェクト指向やデザインパターン、フレームワークに関しては尊重してくれて任せてくれたりしていたので、あれこそ職人文化という感じ。

今の二十代にも「今はこういう考え方ですよ」って私にもイロイロと教えてもらいたいものだ。

思えばあの頃が私のC++最後の時期かも。プロトタイプ作って提案するの楽しかった。零細の会社での活動がやっぱり楽しかったなと振り返って思う。

この頃って私がピチピチ(死語)の最若手で、先輩の猛者プログラマーしかいなかったけど、今は私が最古参なんてしょっちゅうという状況だから、時代変わるよね。

そう言えば、WEBに関する仕事が長すぎて、はるか昔にやってた「ガラケーのBREWでC++」とかがハードとか組み込みっぽいヤツだったと思い出すのに時間かかった。機種によって画像うまく出なかったりしてたのあったなぁ。